2010年12月24日金曜日

これも良い!

友人のDJ、深ちゃんお薦めの映像。

海へ来な~さい~♪

2010年12月18日土曜日

う~ん!

最近見つけたたまらない映像!

夏の終りのハ~モニ~♪

2010年12月15日水曜日

移転計画 6


琵琶湖の近くにある山中で、森林整備等のボランティアをしているグループの所へ、建材を頂きに上がった。

移転計画の当初よりずっとお世話になっている土地開発のスペシャリスト、渡邉清さんがトラック(4tロング・ユニック付)をチャーターして同行して下さった。

早朝5:00出発!

東名、富士川SAからの早朝の富士山

駿河湾

浜名湖SA


材は規格品ではないが、角材から板材まで様々に加工されており、利用価値は高い。


勝田家の遠祖は、浅茅ケ原(現、浅草辺)の開祖(豪族)である。

推古の時代を起源とする浅草寺の縁起と深く関わって居り、現在も、檀家を取らない浅草寺の唯一の檀家である。

また、三社祭で有名な、浅草神社に祀られる「三社」と共に祀られる「十社」の内の一つが勝田社である。(伝説で云う十童子の内の一人)

後、北条時代に千束郷小浜宿(浅草材木町)にて材木商を創業。永禄3年に一度没しているが再興して以来400年以上続いた現存最古の材木商であった。

私の代で廃業したが、継いでいれば材木商としては私で22代目(遠祖60数代)となる。

父は木材の大変な目利きであったが、青年期の私は、家督の重圧を避けたいがためかあまり興味が湧かず、木材に対して深くは分からない。

父を亡くした今、もっと良く聞いておけば良かったと少なからぬ後悔がある。

ただ、この香り、感触等はたまらない・・・生まれた時から材木に囲まれて育った訳で・・・。


積込み完了!


樫や椚(クヌギ)等、堅木の一枚板も多数手に入った。



さあ、どこに使おうか・・・。


2010年12月12日日曜日

移転計画 5

ある日曜日、柱の着色に・・・。


妻も参加!


古色に仕上げて行きます。


内外装の木部塗装は全て自分たちで行います。

2010年12月9日木曜日

移転計画 4

12月4日(土)、上棟しました。


総勢7人の職人さんが作業して下さいました。


構造材は全て国産の杉無垢材です。(梁はカラ松)

プレカットと云って、事前に工場で刻まれて来ます。


棟梁の先導で、建物の角に、塩・酒・塩と捧げて行きます。


この建築は、施主(私)参加型の、ハーフビルドの姿勢で臨みます。

・・・大好きなんです!・・・

今後は度々現場に足を運び、様々な作業を行って行きます。

2010年12月7日火曜日

窯出し 7

還元と、炭化の窯出しです。

再生土で「炭化焼締」した片口。Nさん作。


半磁器土による八寸皿。呉須染付です。

Мさん作。


こちらも、半磁器、染付の角皿と箸置き。Kさん作。


Мさんによる、花瓶。

信楽の漉し土で、炭化しました。


 共に、赤御影土で制作、内側にマグネシアマット釉を施し炭化したもの。

カップがYさん、片口がSさん作。


Iさん作、半磁器に青白磁釉の還元です。


半磁器で制作。マグネシアマット釉、コバルト窯変マット釉の掛け分けです。

Sさん作。


酸化も近々・・・かな?